こころとからだに自然の力 漢方療法推進会

HOME  >  商品情報  >  冠脉通塞丸

商品情報
写真:冠脉通塞丸    

血と気の流れを良くする! 冠脉通塞丸[かんみゃくつうそくがん]

冠脉通塞丸は、血[けつ]と気[き]の流れを良くしてくれるお薬です
 

あなたの不調の原因は「瘀血」かも…?

動悸が激しい、顔や背中がカーッとほてる、目の下にすぐクマができる、からだのそこらじゅうに痛みがある……、こんな症状を感じたら「瘀血[おけつ]」のせいかもしれません。

瘀血とは?

瘀血とは?=体内の血液が正常に流れなくなった状態 何らかの原因で血液が粘りを増して血行が悪くなる→全身にさまざまな問題が

「瘀血」とは、現代医学的にいうなら「微小循環障害」と呼ばれるような状態を指します。これは、体内の血液が流れにくくなって正常な血液の循環が行われなくなっている状態で、これを表現した漢方用語が「瘀血」です。人は血液が全身を滞りなく巡っていることで、健康な状態を維持していますが、何らかの原因で血液が粘りを増し、血行が悪くなると、全身でさまざまな問題が起こってきます。

●動悸が激しくなり、胸が苦しくなる ●顔がほてったり、カーッと背中が熱くなる ●いつも頭痛がして、夜もよく眠れない ●目の下にすぐクマができる ●唇や歯ぐき、舌が黒ずんでいる ●顔にシミができやすく肌が荒れている ●からだの中のいたるところで痛みが起こる ●女性であれば月経血にかたまりが混じったりする そんなあなたは瘀血かも… 進行すると…→血管の老化が進んで、高血圧、心疾患、肝臓疾患など、さまざまな生活習慣病へと移行する恐れも!

商品スペック

のぼせ、動悸、頭痛が気になったら 冠脉通塞丸クラシエ

冠脉通塞丸は、血[けつ]の流れを活発にする「桃紅四物湯」に、身体の気[き]の流れを良くする「四逆散」を配合した処方です。

図表 構成生薬
特徴
●「冠脉通塞丸クラシエ」は、漢方の古典といわれる中国の医書「医林改錯[いりんかいさく]」に収載された「血府逐瘀湯[けっぷちくおとう]」からなる薬方です。
●配合された生薬の総合的な働きにより、中年以降あるいは高血圧傾向の方の、のぼせ・動悸・頭痛に効果があります。
成分
成人1日の服用量24丸(6.0g)中、次の成分を含んでいます。
血府逐瘀丸料エキス末・・・3.0g
〔トウキ・ジオウ・コウカ・ゴシツ各1.98g、センキュウ・キキョウ各0.99g、トウニン2.64g、キジツ・シャクヤク1.32g、サイコ・カンゾウ各0.66g〕
血府逐瘀湯末・・・1.5g
〔トウキ・ジオウ・コウカ・ゴシツ各0.18g、センキュウ・キキョウ各0.09g、トウニン0.24g、キジツ・シャクヤク各0.12g 、サイコ・カンゾウ各0.06g〕
添加物として、トウモロコシデンプン、タルク、カルナウバロウを含有する。
効能
中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、のぼせ、動悸
用法・用量
次の量を1日3回水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回8丸
15才未満 ・・・・・・服用しないこと
※ この医薬品の使用上の注意をよく読んで正しくお使い下さい。この商品の添付文書[PDF]