こころとからだに自然の力 漢方療法推進会

HOME  >  お悩みの症状について  >  鼻炎

お悩みの症状について

鼻炎

漢方ではこう考えています

花粉症に代表される「アレルギー性鼻炎」とは、鼻腔粘膜などが、花粉、動物、ダニ、カビ、ハウスダスト(ほこり)など特定の物質にアレルギー反応を起こし、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血」といった症状を現す鼻炎をいいます。

人間のからだは、細菌やウイルスが体内に侵入したとき、「抗原抗体反応」を起こしてからだを守ろうとします。ところが、本来からだには害のないはずの物質によっても、こうした反応が起こることがあり、これをアレルギーと呼んでいます。例えば、花粉はそれ自体無害ですが、人によっては吸い込んだ花粉を外敵と判断して、体外に追い出そうと「くしゃみ」「鼻水」といった症状を引き起こします。 こうしたアレルギーを訴える人は年々増加しており、花粉などによる季節性のアレルギーだけでなく、ダニ、カビ、ハウスダスト(ほこり)など、一年にわたって起こる通年性の鼻炎も増えています。

では、同じ環境の中にいても、症状が出る人とまったく無反応の人とがいるのはなぜでしょう? 漢方では、体内の栄養物質などの過不足のバランスがとれていなかったり、外の環境に対する防御力が弱いと、からだに不調をきたすと考えられています。同じ環境でも、個人ごとの体質などによって、そうした「適応力」に差ができるため、症状が出る人と、出ない人がいるわけです。

漢方の考え方では、アレルギー性鼻炎を起こす最も大きな原因は、からだの中の過剰な水分とされています。普段から冷たい飲食物をとり過ぎたり、過労やストレスがたまったりすると、胃腸のはたらきが衰えて水分代謝が悪くなります。こうなると消化吸収力も低下するので、飲食物がしっかり代謝されずに体内に残ることがあります。これらは病的な水分なので、からだの生理機能に影響を与え、漢方でいう「肺」(鼻やのどの症状に関わるとされる)の防御力も低下します。

このようにからだの中にいったん病的な水分がたまると、水分代謝はなかなか改善されません。そのため、毎年春先には花粉症になるなど、長期にわたってアレルギー症状に悩まされるというわけです。

お悩みの症状イラスト

こんな方にはこの処方がおすすめです 

思いあたることありませんか?

  • 透明で水のようにサラサラした薄い鼻水が出る
  • 頻繁にくしゃみが出て、止まらない
  • 薄い水様性の痰が出る
お悩みの症状イラスト
 
漢方では表寒・風水タイプと考えます

そんな方におすすめの処方は?

小青竜湯エキス顆粒Aクラシエ

小青竜湯 しょうせいりゅうとう

「鼻水」だけでなく、「気管支炎」「気管支ぜんそく」などでお困りの方にもおすすめです。

 

思いあたることありませんか?

  • 鼻の通りが悪い、鼻づまりが治らない
  • 鼻をかむと薄い鼻水が出る
  • お風呂に入ると鼻づまりがとれる
お悩みの症状イラスト
 
漢方では表寒・表実タイプと考えます

そんな方におすすめの処方は?

「クラシエ」漢方葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒

葛根湯加川芎辛夷 かっこんとうかせんきゅうしんい

「鼻づまり」だけでなく、「慢性鼻炎」「蓄膿症」などでお困りの方にもおすすめです。

 

思いあたることありませんか?

  • 鼻の通りが悪い、鼻づまりが治らない
  • 鼻水や痰が黄色い、粘る
  • 熱っぽく、のどの乾きを感じる
お悩みの症状イラスト
 
漢方では肺熱・肺陰虚タイプと考えます

そんな方におすすめの処方は?

辛夷清肺湯エキス顆粒「クラシエ」

辛夷清肺湯 しんいせいはいとう

「鼻づまり」だけでなく、「慢性鼻炎」「蓄膿症」にも効果があります。

 

思いあたることありませんか?

  • 濃く粘り気のある鼻水が出る
  • 扁桃腺をよく腫らす
  • ニキビができやすい
お悩みの症状イラスト
 
漢方では血虚の熱毒タイプと考えます

そんな方におすすめの処方は?

荊芥連翹湯エキス顆粒「クラシエ」

荊芥連翹湯 けいがいれんぎょうとう

「慢性鼻炎」だけでなく、「蓄膿症」「にきび」などにも効果があります。

 

相談内容でお店を探すにはこちら!

  • 鼻炎