こころとからだに自然の力 漢方療法推進会

HOME  >  カンシンコラム:心と体の健康と血管のお話

カンシンコラム 心と体の健康と血管のお話

全身に血液を送り届ける「血管」のことを知ろう!

私たちの体の隅から隅までめぐっている「血管」。健康な血管によって血液は全身に輸送され、栄養物質を届けたり、不要物を受け取って排泄器官に運んだりしています。
動脈の血管は木の幹や枝、葉のように太いものから段々細く枝分かれしていきます。

動脈系と静脈系

血液はとても速いスピードで体内を流れており、約50秒ほどで心臓から動脈系、静脈系を経て心臓に再び戻ってくるといわれています。

大動脈のしくみ

大動脈のしくみイメージ

動脈の血管壁は3層に分かれた構造になっています。
外側から「外膜(外弾性板)」「中膜」「内膜(内弾性板・内皮細胞)」に分かれています。「内腔」は血液が流れている空間です。
血管(血管壁)は、全く水を漏らさない構造ではありません。必要に応じて血管から水分や栄養分などを吸収しています。内膜、中膜は内腔側から、外膜は外側の毛細血管から吸収をしています。

動脈の内腔が狭くなる主な原因 <粥状(じゅくじょう)硬化>

粥状硬化とは主に脂肪からなる粘性のドロドロ物質(粥状物質=アテローム)が沈着し肥厚することで動脈の内腔が次第に狭くなる状態です。

粥状硬化の流れ

血圧について

血圧とは、血液により血管壁にかかる圧力のことをいいます。
心臓が収縮して血液を送り出したときが一番圧力が大きくなり、これを収縮期血圧(最大血圧)といいます。
また、心臓が拡張しているときが最も圧力が少ない拡張期血圧(最低血圧)といいます。
血圧が高くなると内腔からかかる圧力が増すため、内皮細胞に傷などが付きやすくなります。
内腔が狭くなったり、血管の弾力性が低下するとさらに血圧が高くなってしまう一因となります。

収縮期血圧、拡張期血圧
思い当たりませんか?

瘀血(おけつ)をつくりやすい習慣

血液の流れが悪くなった状態を「瘀血(おけつ)」と言います。
瘀血になりやすくなる生活習慣は改めましょう。

食事

  • 甘いものの食べ過ぎ
  • 脂ものの食べ過ぎ
  • 濃い味付け(塩分の取り過ぎなど)が多い
  • アルコールの飲み過ぎ
  • 青魚・緑黄色野菜や根菜の不足
甘いモノや脂もの

環境

  • ストレス、怒りっぽい
  • 心身の疲労
  • 運動不足
  • エアコンに頼りすぎ
  • タバコの吸いすぎ
ストレスのある人

体質

  • 老化
  • 慢性病、虚弱体質
高齢者

血液の流れによいとされる食材のご紹介

多価不飽和脂肪酸を多く含む魚

マイワシ・マサバ・マアジ・サンマ・ヒラメ・ギンザケ・ウナギ・天然アユなど

魚

食物繊維をとろう! おすすめの野菜・果物

シシトウ・サヤインゲン・ホウレンソウ・カブ・アスパラガス・セロリ・アシタバ・ニラ・パセリ・トマト・タマネギ・シソ・エシャロット・ネギ・メロン・イチゴ・グレープフルーツなど

野菜・果物